桜島

IMG_3762

行ってみたかった鹿児島で雄大な桜島に感動しました。
朝日に染まる桜島、時間によっていろいろな表情を見せてくれます。
また見る場所によっても姿も変わり丸一日ずーと桜島を眺めていました。
鹿児島の人たちにとってなくてはならない大切なものなんだろうと実感しました。
ふるさとに誇りに思えるシンボリックなものがあるというのはとても素敵です。

Image (3)  IMG_3773

日本一の巨樹

IMG_3798

先日仕事で鹿児島にいった際、たまたま「日本一の巨樹」という道路案内板が目にとまり探して行ってみました。それは『蒲生(かもう)の大クス』と呼ばれる天然記念物らしく想像以上に太い幹を持つ楠木でさすがに日本一と呼べる巨樹でした。樹齢は千年を超えると推測され高さ30m、幹の周りはなんと24.22mもあります。
巨樹と言えば屋久島の縄文杉を思い出しますが、日本巨樹ランキングなるものを調べてみるとその縄文杉でも日本第16位(幹周:16.10m)でしたからこの楠の大きさは桁違いです。 (さらに…)

台北 行天宮

img_3583

img_3606

台北に行かれた方の中には「行天宮」にまいられた方がいるかと思いますが、こちらは三国志の名将「関聖帝君」を祀る宗教寺院で毎日多くの信者を集めています。この「関聖帝君」はもとは劉備に使えた関羽という武将で、人格に優れ儒教倫理である「五倫八徳」を教えたことより民に愛され、後に武神となりお祀りされるようになりました。そしてこの信仰は華僑を通じて世界中に広まっていきます。

img_3611(中央の立派な髭をたくわえ赤い顔の方が関聖帝君)

商売の神としてご利益も高いと有名なので先日台北に行った際におまいりしてきました。

ちょうど法要が行われていて境内には溢れんばかりの多くの信者が集まり読経を唱えていました。中にブルーの作務衣を着た人たちがいて私のような観光客の世話を親切にやいてくれます。おまいりの仕方を教えてくれたり、お守りを持ってきてくれたり、聖門の弟子として徳をつんでいるのだそうです。
行天宮という空間の中で信仰の深さと境内にいっぱいになった人々の平安への願いに身を清められた気分でした。
ぜひ台北に行かれる際は訪れてみて下さい。

旭川デザインウイーク

2016-06-23 09.26.59-1
旭川と聞けば誰もが北海道産の高級家具をイメージされることと思います。旭川で明治時代に始まった家具作りは北海道の大自然がもつ豊富な木材を基礎に半世紀にわたり発展してきました。良質の材とすぐれた木工技術、それにまして抜群のデザイン性で今では日本のみならず世界でも有数の家具ブランドに成長しました。
お仏壇がモダン化しより身近な生活具となろうとしている今、この旭川家具が持つ技とデザインも必要となってきます。すでにお仏壇メーカー数社は旭川の家具工場でお仏壇の製作をはじめています。
イタリアのサローネ(見本市)と同じく旭川では毎年「ASAHIKAWA DESIGN WEEK」と称したイベントが行われます。旭川の高い木工技術を学ぶため、またカラヴィンカでの新しいお仏壇開発の参考にと見学に行ってきました。

人生初の旭川でしたのでついでに観光も少々、もちろん北海道の恵みも頂いてきました。
(さらに…)

天孫降臨

2016-02-03 11.55.09 槵触神社(くしふるじんじゃ)

古事記によると天照大神(アマテラスオオミカミ)が孫のニニギノミコトを日向の高千穂峰に降ろしたのが日本の始まりらしいです。

(さらに…)