世界自然遺産

アイヌの祈り

IMG_5557  
自然世界遺産「知床」行ってきました。滞在したのはウトロ側、知床半島の左側で流氷着岸で削り取られた断崖が続きます。
知床五湖や森や山々、クマや鹿、キツネ、リスなど野生動物に出会いどっぷり自然に浸かる事が出来ました。

IMG_5499 IMG_5477 IMG_5462

でも今回知床を旅しようと思いったったのは、「アイヌ」民族の方と森を歩くツアーを見つけた事がきっかけでした。
先住民である彼らが大自然の中どんな信仰を持っていたのか、また守り続けているのかとても興味がありました。
仏教伝来以前は日本では神道に始まり、自然を神と崇拝する信仰が主でした。
それと同じようなものなのか、アイヌの方から森で直接学ぶ事が出来ました。

IMG_5550

ガイドをしてくれたのは彫刻をされているという早坂さんという方でした。
アイヌでは「カムイ」と呼ぶ神が存在します。
しかし私たちが知る神様とはちょっと違うようで、この地のすべてのものがカムイでそれぞれ役割をもってこの世にきたようです。
だから役割を終えればまた神の国に戻って行きます。
例えばヒグマも肉や毛皮等を与える役割でカムイの国から来て役割を終えると魂だけ帰っていきます。
「イオマンテ」という有名な祭りはそれを表したものだそうです。クマを殺し魂を送る儀式が野蛮に見えてアイヌ=野蛮民族とされた事もあったようです。
早坂さんは森に入る際に森に向かって自分の手のひらを広げて見せていました。
これは森に住むすべてのカムイに自分は何も危害を加えないことを知らせる為だそうです。
そこにアイヌの感謝と祈りを感じました。